セルティック選手紹介 ~SH編~

★中村 俊輔 178cm 日本代表
日本サッカー界の至宝。
セリエAで経験を積んだあとストラカン監督に見出されセルティックに。
2年目に爆発的な活躍を見せ、スコットランドリーグMVPに輝く。
また、念願のCL出場を果たし、強豪マンチェスター・Uから2回FKを決めるなど大活躍。
チームを初の決勝リーグ進出に導いた。
抜群のプレイスキックを武器とし、ボールコントロールや広い視野、パスの精度なども一級品である。

■エイデン・マクギーディ 178cm アイルランド代表
通称:マクギ
アイルランドのホープであり、サポーターに最も愛される選手。
ドリブルでの突破と時折見せるスルーパスが持ち味。クロスの精度も十分高い。
クリロナやメッシに似ていると評されることが多く、またその姿はセルティックの伝説的選手ジミージョンストンを思い起こさせるとの評価も。
FKを中村に譲ってもらったものの外してしまい、ロッカールームでみんなに囲まれお説教という悲劇に見舞われる。
自我の強い、時に自己中心的なプレーとは裏腹に私生活での優等生ぶりがよく伝えられる。

□バリー・ロブソン

□水野 晃樹

□ライオダン 182cm
通称:ネギ
兄弟クラブとも言うべきハイバーニアンから引き抜いた決定力のある選手。引き抜いたのにも関わらず干されている。
FWとしてのプレーを好むが、周りを生かすのはマクギーディよりも上手い。
酔っぱらって審判批判の歌を歌っている姿がyoutubeに晒されたり、友人とバーでの暴行でリアルに起訴される(後に棄却)など素行が悪いので干されているのではないかと言われている。
[PR]
by celticfan | 2004-01-08 22:29
<< セルティック選手紹介 ~CH編~ セルティック選手紹介 ~FW編~ >>